ケアする人のための共感疲労を予防する

何かよくわからない無力感や罪悪感、苛立ちを感じたことはありませんか?

パートナーの赤木きぬ子先生(マインドワーク® 講師)が作成された共感疲労予防のポイント5つ、とても分かりやすくまとめてくれています。ぜひ、参考にしてくださいませ。訪問看護師をしながら地域看護論や精神看護学の講師として活躍中!!

最近、私は新人看護師さんと対談する機会がありました。新人看護師さんは「一緒に働いている人の顔をしっかりと見たことがなくて・・・。遠く感じます」と話していました。確かに、新人職員の歓迎会もなければ、昼食も一方向を向いて黙食。マスクをしているときだけ会話してもよいルールを取られている病院や施設が多いのではないでしょうか。人の顔が見えない環境でのケア。不慣れな人ならなおのこと疲弊感が増大すると考えられます。

現在では、ソーシャル・ディスタンスという言葉が定着しつつありますが、心の距離もできてしまったのかも。人と人との社会的なつながりを断たなければならないとの誤解を招き社会的孤立が生じさせるという理由で、世界保健機関(WHO)では「身体的、物理的距離の確保」を意味する「フィジカル・ディスタンス(物理的距離)」に言い換えるよう推奨していますが、どっちでも同じです。物理的距離は、心理的距離と関連が深いと認識し対応していくことが大事です。

ケアする人が、物理的距離のある中で心理的距離を保ち、さらに共感することによって生じやすい疲労感をセルフケアをしていけるかが大事だと思います。自分に優しくね~~(^^)/

マインドワーク®については、こちらのサイトをご覧ください。https://mindworkof-j.com/