お母さん、運動会に行く!

主治医の許可が出た。

子どもたちの運動会の応援に行けることになった。

本人も知っている、「最後だ」ということ。

「お弁当をつくる」と言っていた。

 

病院に戻ってきた。

「運動会はにぎやかだった」と笑顔だった。

「校庭からみる大空、砂埃、子どもたちの声、BGM・・・・来年は、私だけがいないのか・・・・」と言った。

 

雑踏と孤独のコントラストに引き裂かれる思いをした。

運動会の余韻は、複雑だった。

 

「看護」とは何かについて考えていくことを意図として、「看護師日記」を書くことにしました。私の看護師、看護教育の経験に基づいて表現していますが、人物が特定されないように、また文脈を損なわないように一部修正しています。