あなたのためになっていますか。

長い長い闘病生活となりました。

家族も友人もみんな歳をとってしまいました。

認知症にもなりました。

ご飯を食べることも、歩くこともできなくなりました。

 

専門家チームは言いました。座ること、立ち上がることは、認知機能にいい、と。

関節を動かしましょう!筋力を維持しましょう!頑張りましょう!と。

でも、関節を動かすたびに、顔をしかめています。

 

もしも転んだら、手術するんですか。点滴するんですか。安静にするんですか。紙おむつですか。

もしも混乱してしまったら、拘束するんですか。

鼻からチューブを入れるんですか。

いつ、点滴やチューブは抜くんですか。

抜けるんですか。

矢継ぎ早に患者さんから質問されているように感じました。

 

私たちがやっていることは、あなたのためになっていますか。今、幸せですか。心の中で質問返ししてみました。

「今、幸せですか」と聴きたい衝動に駆られるのは、「幸せそうではない」という前提があるからでしょうか。

「看護」とは何かについて考えていくことを意図として、「看護師日記」を書くことにしました。私の看護師、看護教育の経験に基づいて表現していますが、人物が特定されないように、また文脈を損なわないように一部修正しています。