文字盤を使ってお話したこと

看護学生のとき、はじめて文字盤を使って話をした。

「と」

「け」

「い」

「み」

「ぎ」

30分かかった。

「時計を右に動かしたらいいのですね?」「YES]

ベッドサイドでガッツポーズをした。

患者さんも笑っていたように見えた。

 

天井を見上げて暮らしている患者さんが体の向きを変えたら、ナースコール、時計、テレビ、カレンダー、家族写真・・・全部移動する。

せめて、「と」で気づけよ、とあの時の自分に言ってやりたい。

 

患者さんが私に付き合ってくれたことに感謝してる。

35年たっても色あせない胸に迫る体験。

「体験」「挑戦」「感謝」が大事だと当時の自分に教えたい。

「看護」とは何かについて考えていくことを意図として、「看護師日記」を書くことにしました。私の看護師、看護教育の経験に基づいて表現していますが、人物が特定されないように、また文脈を損なわないように一部修正しています。