看護基礎教育カリキュラム改正・実習先をキャンプ場にするという案

子どもからお年寄り、外国人の方まで、活用されている施設で、実習をデザインしてみませんか。

カリキュラム改正を一度すると何年間か変わりません。相当先読みしなければ廃れてしまうでしょう。これから活躍する看護師には、より健康に暮らしていける社会を創っていく「主体」となってほしいと願っています。

求められるのは、「よりよい未来の創造にむけて働きかけをする力」だと言われています。教員はもはや「教える人」という役割から、カリキュラムのオーナーとなり、主体的に変化を起こしていく人になっていくことが大切と言われています。(参考:アンドレアス・シュライヒャー. 経済協力開発機構(OECD)教育スキル局長『THE OECD Learning Compass 2030』)

参加する人が全員、当事者となって進めていく看護基礎教育のなかの実習でありたいと思っています!

ご覧いただいた方、ぜひ、ご意見お待ちしています。https://kango-support.or.jp/contact

キャンプナースブログhttps://kango-support.or.jp/1896