オープンキャンパスを「看護基礎教育実習」にする

人気の看護学校も学生募集は大変だ!

どこの学校もオープンキャンパスはいよいよ終了した頃でしょうか。電車に乗っていると学校名の入ったバックを持っている学生さん。オープンキャンパスに行ってきたのね~と思いながら目で追ってしまいます。

オープンキャンパスは、教員や事務員、在校生が総力を挙げて頑張っています。オープンキャンパスと言わず、実習にしてしまって、見学に来てもらってはどうですか?オープンキャンパスと言ってしまうと、単位として認められない可能性がありますからね(笑)

成果は見えやすいです。集客人数、受験者数、参加者満足度・・・これらの分析が、実習記録。

企画、運営、学生に任せます。マーケティングはしないとね。で、教育理念からはじまって、受験勉強はどうしたらいいか、入学してからどんな勉強をするのか、演習や実習はどんな感じなのか、ほかの学校と比較して本校の良さはどこなのか、いくらくらいの予算で卒業できるのか、就職先はどんなところがあるのか、その就職先の給料はいくらなのか、などなど。後輩を育成するために必要な情報提供やプレゼン。やりようによっては、実習に値すると思います。楽しそう。

後輩育成、つまり看護教育実習ですよね?

自分が将来のために学んでいる場をもっとよくしていくために、当事者意識を持つこともできそうですね。