看護師国家試験合格講座は、生涯、自分で学び続ける専門職業人となるよう支援しています。

4月から新しいことがいろいろと動き始めています。私は、毎日毎日、違う場所、新しい空間で仕事をしています(笑)。そこにいる人たちも、その場所にまだ慣れていなくて、お互いにぎこちない感じが新鮮です。

つい先日、看護師国家試験合格発表が終わって、喜びを分かち合ったのもつかの間、第2期生の講座が始まっています。専門学校の3年生、あるいは准看護師さんから正看護師の資格を取るコースの人、ママやパパ受験生は、いろんなことを同時にやっていくので、4月から月に1回ずつの計画で始めています。

図を描いたり経過を考えたり、動画をみたりしながら「看護」を学んでいきます。「わ~苦手~」とか「これ嫌い~」とか言いながらも正解しています。苦手や嫌いでも「わからない」「できない」とは限らないし、好きや得意でも正解するとは限らないのです~(^^)/

早くも私の予想問題、答えが2つ!「ごめん、ごめん」。第一期生の皆さんにも、「答えがない」とか、「二つ答えがある」とか、混乱させてしまったな~と思い出しながら・・・、そういえば、みんな入職して2週間がたつんだな、頑張ってるんだろうか、もうすぐ初給料かなと考えを巡らせていると、この仕事をしてよかったとじわっと喜びが湧いてきました。

阿倍野で行う看護師国家試験合格講座は、「いい授業」ではなく、学びの空間を創って、「生涯、自分で学び続ける専門職業人」になるよう支援します~(^^♪