臨地実習指導者研修での話し合い、学び合い。

大阪府看護協会短期研修があり、講義させていただきました。教育部長のご配慮、また受講生の方より写真撮影承諾をいただき感謝しております。

看護基礎教育が4年制になる流れがあること、また多死時代を迎えるにあたって「ケアを受ける人の意思決定」をどのように支えていくか、さらに、それを臨地実習でどのように学生に教えていくかについて、ワークを取り入れながら話し合い、学び合いました。

とても熱心な受講態度、活発な発言、将来を見据えたもののとらえ方、素晴らしい時間を共有することができました。学生たちを育て、また新人看護師を育て、よりよい看護を担っていく人たちなんだと思いました。私のほうが、気づきや触発を受けた一日でした。また、皆さんと出会いたいです。ありがとうございました。