看護師国家試験は「看護教育」の通過点です。

看護師国家試験まで、あと100日あまり・・・

浪人生さんのクラスの皆さん、必修問題クリアできるようになりました。ハイタッチで喜びを分かち合いました。

そんな点数に一喜一憂するのではなく、私の目指している看護師国家試験合格講座の学習は、豊かな看護基礎教育によって、豊かな看護の実践者を育成し、人々の健康な暮らしにつながっていくことです。と、ちょっと、冷静になって看護教育に向き合おうと思いました。が、やっぱり点数があがるというのは嬉しいものです。

私は、看護師国家試験の問題は非常によくできていると思っています。状況設定問題の内容は、とても端的でその問題を教材にすることができます。学生だけではありません。事例カンファレスをする看護師さんも、看護師国家試験の状況設定問題をまねして患者紹介をしたらいいのに…と思うほどです。

2020年のセンター試験の英語民間試験については、2024年に先送りとなりました。いろいろ理由はあるのでしょうが、試験も資格取得も通過点です。今年「行きたい学校」を受けて落ちたら、来年から新しいシステムになるので「行ける学校」を選んだ学生がいるそうです。その通過点の先に何があるのか?が大事です~(^^♪

システムが変わろうとしていたけど、変わらなかっただけ。あなたの夢は変わらない。そのまま進む。

看護師国家試験は、看護に必要な知識の暗記、思考、情報編集、想像、創造の基盤をつくるためのものです。ぜひ通過して「その先にあるもの」を手に入れて欲しいです。

あと103日。看護師国家試験合格講座冬休み集中もやっています。https://kango-support.or.jp/2421