看護師の文章力、アップ

看護師は新人の頃から、文章書く機会がよくあります。

カルテ、サマリー、看護計画、インシデント・アクシデントレポート、ケーススタディ、看護観レポート、研究論文・・などなどです。

池上彰さんは、『伝える力』という本の中で、文章力をアップすることは「もう一人の自分を育てる」ことだと述べています。文章を書いて、読み返して、寝かせてからまた読み直す。その過程を繰り返しているうちに、一人ツッコミができます。一人ツッコミする「もう一人の自分」を育てるのは、「書く」「読む」「伝える」なんですね。

看護師は、患者さんの看護をするときもチームで医療をするときも、独りよがりな考えや行動にならないように「文章力、アップ」=「もう一人の自分を育てる力、アップ」が大切だと思います。

私も、まだまだ、修行中です!!