コロナで変化した学習方法に対応しきれなかった学生に学び直しの機会を。

留年者、退学者を増やさないための対策として・・・・・

新型コロナウイルスの影響で、どこの看護学校も、シラバスの変更や進度の変更があったと思います。

また、学生は不慣れなオンライン授業や課題学習などで十分な理解が得られなかったり、理解が深まらなかったりしたかもしれません。そんな学生には、適切な対応が必要です。さらにいえば、コロナのために出席停止となった学生についても応急対応を考えておく必要があります。

学生は留年を避けたい、学校サイドも留年者や退学者を増やしたくない、就職先は基礎知識をしっかり学んできてほしい、社会のニードはますます安全で安心な医療を期待しています。

そのために少人数or個別Zoom授業で補講、土・日の開校を学校と連携をして、学習サポートシステムとして活用してもらえると、先生方の負担も減るし、学生や保護者の方の安心につながるのでは?と考えました。

後期、次年度に向けて、学校の先生方と話し合いからはじめていきたいです。

お問い合わせはこちらから ⇒ https://pro.form-mailer.jp/fms/f79961d5195800