新人看護師育成、ひとりひとり計画↓↓

新人看護師だけを集める研修は、新人看護師の受けてきた教育背景が違いすぎて、感じ方、浸透の仕方に差が出すぎます。ただ「違い」があるだけなのに、育てる側や新人看護師は他者と比較をしてしまい、「どうせ、○○だから」といったレッテルを貼ってしまうことがあります。

集合研修は「全部だめ」と言っているのではなく、定期的な集合研修は「比較」に注意です。多様な職員がそれぞれの目的意識をもって参加する集合研修に、新人看護師も投入してみるのは面白いかも!比較しようがないから、生き生き発言できたりして…(^^)

手順を一方向的に教えたり、ほめたり、宿題を出したりするのは、「上下関係」をつくってしまって「依存関係」につながることもあります。

医療者と患者の間で行われる共同意思決定(シェアードディシジョンメイキング:SDM)の考え方は、医療現場に浸透してきています。この考え方を、多様化、格差のある新人看護師を育成していくために活用していくのはいかがでしょうか。

「急がば回れ」。指導者さんも一緒に成長できそう!(^^)!

人を育てる過程のなかで、様々な悩みはつきものです。その悩みの中に、ほんとは「なりたい」が隠されています。その「なりたい」に気づいて、成すために行動したほうが生産的です。

ハラスメントや離職率・・・いろいろあって、「言いたくても言えない」。だから、「陰で言う」「根回しをする」のは誰のためにもなっていません。私も数々、失敗してきたので、痛感しています。

私は、「育てること」について、失敗ばかりしてきました。一番大きな失敗は、上下関係をつくってしまったことです。今は、やり直しをしています。

育てる側が知っていて、育つ側が知らないという関係ではなく、答えのない問いを一緒に話し合ったり、考えたり、できることのほうがお互いに楽しいです。

臨地実習指導者育成を支援します。

看護計画も大事だけど、実践してから、何をどうしたらいいか考えてもいいかも。先人の知恵を学ぶのは学校でしています。実習での「目からうろこ」に出合えると、一生、謙虚に学び続けられると思うのです。

実習のやり方も、画期的に変えていく時代が来ています。将来をとらえ、変化に柔軟に対応している指導者がいるだけで学生は学びます。

料金

  • 1回、2万円からお受けします。
  • 交通費のご負担お願いいたします。
  • 少人数制勉強会を随時開催しています。まずはご連絡を。