「育てること」は自分と相手の居場所づくりからはじまる

「育てること」で得られることがいっはいある

いよいよ、新人看護師を迎え入れる準備が整ってきた頃ですね~(^^♪

チーム全体を見渡しながら、育成戦略を練っているところかもしれません。「看護」「チーム」で選ばれる病院や施設になっていけるといいですね。

ほめる、厳しい、努力する、優しい、苦労する、練習しまくる、楽しい、わくわく・・・・どれかが正しくて、どれかが間違っているというのではなく、いろいろあっていいのではないでしょうか。いろいろあることが受け入れられる居場所を準備したいです。

「あれ?」と思ったら立ち止まって、話し合えばいいと思います。またそこの場から動き始めればいいのかな、と思います。

教育の変化を感じながら、さらに追い求めていきたい

看護教育の3つのステップは、「育てる」ことを通してお互いに成長することができます。学生指導、新人看護師指導は、ご自身の成長のためにも積極的にかかわっていくことをお勧めします。

教育は時代とともに変化していくため、教育に携わる人は、いつまでも若々しく、生き生きとして、挑戦者のような姿でありたいと思っています。「私わからないから、教えて~」でもいいと思うのです。情報ややり方は、誰でも手に入る時代になったのですから。何でも知ってることが大事なのではなく、どう「看護(art)」するかが大事です~(^^)

 

院内の新人看護師育成研修を行っています

私の研修は、新人看護師を育成している途中に実施したいです。育て方を評価することが目的ではありません。

悩み、うまくいかなかったこと、うまくいったこと、さまざまな結果から、次につながるものを創り上げていきます。自信満々になる必要もありません。また不安や否定に押しつぶされたり、反省したりする必要もありません。ただ、そこに「今の自分」がいるだけなんです。そこから始めていくのです(^^)/

臨地実習指導者育成を支援します

看護計画も大事だけど、実践してから、何をどうしたらいいか考えてもいいかも。先人の知恵を学ぶのは学校でしています。実習での「目からうろこ」に出合えると、一生、学び続けられると思うのです。

実習のやり方も、画期的に変えていく時代が来ています。将来をとらえ、変化に柔軟に対応している指導者がいるだけで学生は学びます。

料金

  • 1回、2万円からお受けします。
  • 交通費のご負担お願いいたします。
  • 少人数制勉強会を随時開催しています。まずはご連絡を。