新人看護師から報告を受けたときの「質問力」

「質問したくなる」時ってどんな時?

□ 理解できているのかな?

□ 知りたいところはそこじゃなくて…

□ もっと深く理解して欲しい!

□ 確認しておかないと…

Aさん(55歳、男性)。胃癌のため胃全摘出術を受けた。術中の出血量は200mLであった。既往歴に特記すべきことはない。入院時身長165cm、体重76kg。
手術後1日、硬膜外持続鎮痛法が行われているが、Aさんは創部痛が強いため呼吸が浅く、離床はできていない。
このときのバイタルサインは、体温37.1℃、呼吸数22/分、脈拍120/分、血圧162/90mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉93%(鼻カニューラ2L/分 酸素投与下)。Hb13.8g/dL。尿量60mL/時。意識清明、心音および呼吸音に異常なし。頸静脈怒張なし。下肢に浮腫なし。創部に熱感や発赤を認めない。腹腔ドレーンからは少量の淡血性排液があるが、膿性ではなく、異臭もない。

看護師国家試験を参考

手術後1日目、新人看護師さんがバイタルサインを測定したときの報告は、「 体温37.1、呼吸数22/分、脈拍120/分、血圧162/90、SpO293% 2L/分 酸素投与中です。 創部痛が強い ので離床はできていません。鎮痛薬を増量しましょうか?」のようになりがちです(^^)

報告を受けた先輩看護師さんは、「ちょっと、どうして血圧上がってるの?」「SpO293%に対しては何か声かけしたしたの?」と、質問しがち。先輩看護師さんとしては、新人看護師さんがどう判断して、何を対応したか、確認したいのだと思います。術後合併症はないのかどうかも知りたいところです。

「ふん、ふん、お?血圧高いねえ・・・・SpO293%って~」・・・・・「で!?」・・・・「え!!」・・・・・「あ~!?」みたいな空気になったりして。

お互いの「知りたいこと」に応え合えるといいですね~(^^)

育児、学生指導、新人看護師育成、反省ばかりしてしまいがち。

自分の持っている「答え」らしきものなんて、所詮、自分の知っていることだけなんだから、それを教えるより、相手(新人看護師や患者さん)が感じたり考えたりしていることを聞いて、自分自身が「へ~」を感じるほうが楽しそう。

たとえば、「創部が痛くて血圧上がってるのかな?患者さんに聞きに行ってみようか」とか。Aさんは「背中の管、気になる」。(!! それでこの姿勢になって、創部にテンションかけてたのか!?)

自分の知らないことをわかろうとする、つまり自分の心が動く質問にかえてみると「質問力」がアップしそう。

新人看護師育成、ひとりひとり計画

教育をする人が楽しいと、教育を受ける人たちはもっと楽しいと思います。

新人看護師だけを集める研修は、新人看護師の受けてきた教育背景が違いすぎて、感じ方、浸透の仕方に差が出すぎます。ただ「違い」があるだけなのに、育てる側や新人看護師は他者と比較をしてしまい、「どうせ、○○だから」といったレッテルを貼ってしまうことがあります。

集合研修は「全部だめ」と言っているのではなく、定期的な集合研修は「比較」に注意です。多様な職員がそれぞれの目的意識をもって参加する集合研修に、新人看護師も投入してみるのは面白いかも!比較しようがないから、生き生き発言できたりして…(^^)

手順を一方向的に教えたり、ほめたり、宿題を出したりするのは、「上下関係」をつくってしまって「依存関係」につながることもあります。

医療者と患者の間で行われる共同意思決定(シェアードディシジョンメイキング:SDM)の考え方は、医療現場に浸透してきています。この考え方を、多様化、格差のある新人看護師を育成していくために活用していくのはいかがでしょうか。

「急がば回れ」。指導者さんも一緒に成長できそう!(^^)!

臨地実習指導者育成を支援します。

看護計画も大事だけど、実践してから、何をどうしたらいいか考えてもいいかも。先人の知恵を学ぶのは学校でしています。実習での「目からうろこ」に出合えると、一生、謙虚に学び続けられると思うのです。

実習のやり方も、画期的に変えていく時代が来ています。将来をとらえ、変化に柔軟に対応している指導者がいるだけで学生は学びます。

料金

  • 1回、2万円からお受けします。
  • 交通費のご負担お願いいたします。
  • 少人数制勉強会を随時開催しています。まずはご連絡を。