看護師国家試験の具体的な内容についてご説明いたします。看護師国家試験は、必修や一般、状況設定と3つの大きな項目に分けられています。その3つの項目で出題されるジャンルを詳しく解説します。看護師国家試験は、看護学生だけでなく浪人生も受験することができます。

一般社団法人看護教育支援協会では、看護学生と浪人生、それぞれが持つ悩みをZoomを使用しての個別相談で解決いたします。国家試験の内容に関する質問や進路に対する悩みなども個別相談にて受け付けていますので、お悩みのある方はぜひご相談ください。

看護師国家試験の試験内容とは?看護学生の問題は個別相談で解決!

机の上に教材

看護師国家試験で行う試験内容とは、具体的にどんな問題が出されるのでしょうか?看護師国家試験は、計240問として必修問題50問、一般問題130問、状況設定問題60問の問題が出されます。

  • 人体の構造と機能
  • 疾病の成り立ちと回復の促進
  • 健康支援と社会保障制度
  • 基礎看護学
  • 成人看護学
  • 老年看護学
  • 小児看護学
  • 母性看護学
  • 精神看護学
  • 在宅看護論及び看護の統合と実践

この10個の項目について出題されます。

必修問題

必修問題とは、基礎的な問題のことを指しています。50問中40問以上が合格ラインとなっており、看護師になっても必要な知識となります。

一般問題

一般問題は、3つの問題の中で一番多く出される問題です。看護の専門的な内容に対する知識を身につける必要があります。早めに出題傾向の情報を得ておくことがポイントです。

状況設定問題

状況設定問題は、いわゆる状況判断能力が問われる問題が出題されます。基礎知識に基づき、看護に関する判断力や健康上の課題への解決力が問われる問題です。必修問題や一般問題と比較すると設問文の文章も長いため、必修問題や一般問題を解くスピードアップも重要です。

看護学校ごとに、国家試験の対策を行っています。しかし浪人生の方は、どのように試験勉強を行うか悩む方もおられるでしょう。そんな方には、Zoomを使ったオンライン個別相談をおすすめします。

看護師国家試験の学習方法って?浪人生も使えるZoomでの国家試験合格講座!

Zoomで学習

浪人生や看護学生はZoomでの個別相談で心のケアを

国家試験前になると、どうしても気だけが焦ってしまいがちです。そんな時は、Zoomなどのオンライン個別相談で心のケアを受けてみませんか。

国家試験前は、浪人生や看護学生にとって不安を抱える時期。一般社団法人看護教育支援協会では、そんな浪人生や看護学生のために個別相談やオンライン講座を行っています。また、浪人生や看護学生は、看護学生オンライン個別塾フリーパスを受けることも可能です。国家試験に不安を抱える浪人生や看護学生は、個別相談と合わせてオンライン個別塾フリーパスもチェックしてみてください。

国家試験の内容を確認!進路や試験に関する個別相談も随時受付中

一般社団法人看護教育支援協会では、看護学生や浪人生からの個別相談を受け付けています。Zoomを使っての遠隔での相談も受け付けておりますので、国家試験に関する質問がありましたら、一般社団法人看護教育支援協会へ。

看護学生の進路や試験に関する個別相談なら一般社団法人看護教育支援協会へ

名称 一般社団法人看護教育支援協会
代表者 代表理事 児玉 善子(こだま よしこ)
住所 〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目3−15 メゾンイズミ402
電話・FAX 06-6629-7110
E-mail info@kango-support.or.jp
URL https://kango-support.or.jp/